本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.044-455-4848

〒215-0034 神奈川県川崎市麻生区南黒川2-5-102

地域猫の不妊手術Sterilization of stray cats

どうぶつ基金は、犬や猫の殺処分ゼロを目的としています。
その活動の一つに「さくらねこ無料不妊手術事業」があり、行政・獣医師・団体・ボランティアを通じてTNR活動を支援しています。


 不妊手術済の目印
 

不妊・去勢手術のメリットとしては次があげられます。
@ のら猫が増えません。(少しずつ減っていきます)
メス猫は生後6ヶ月で妊娠が可能になります。発情期は年に2回程で、受胎日の60日後には3〜6匹の子を産みます。
妊娠したメス猫一匹から1年後には20匹以上に殖えることもあり、不妊・去勢手術をしないと、猫は爆発的に殖えてしまいます。
A 性格が穏やかになり、猫同士のケンカが減ります
B メス猫は発情しなくなり、発情期の大きな鳴き声がなくなります。
また、メス猫を求めるオス猫が来なくなります。
C 発情期のオス猫同士のケンカ時の臭い尿が減ります。
D 手術後は尿のニオイが少なくなり、オス猫のスプレー行為が少なくなります

なお、どうぶつ基金の「さくらねこ無料不妊手術事業」については、ホームページをご覧下さい。


TNR関連不妊手術の漸次終了について

当クリニックは、公益財団法人どうぶつ基金のTNR協力病院ですが、のら猫・地域猫に対しての不妊・去勢手術を減らし、終了する予定です。
この不妊・去勢手術の推進継続のために、当クリニックは 宮前区に開業された「ヒナギク動物病院」様をご紹介します。

ご紹介先ヒナギク動物病院について

当クリニックの院長もお世話になった山口武雄先生(どうぶつ基金前会長)の下で勉強され、一緒に全国でTNR活動をされてきた石渡先生(旧姓 足立先生)が院長です。
ヒナギク動物病院は、どうぶつ基金の協力病院だけでなく、川崎市、横浜市の協力病院でもあります。
当病院は、野良猫・地域猫の不妊手術を対象とした不妊手術専門病院ですので、飼い猫さんはご遠慮ください。
手術を依頼する場合は必ず事前に予約してください。


  ヒナギク動物病院
  川崎市宮前区神木本町コスモハウス2F
  TEL 044-400-2232
  Homepage:https://hinagiku-tnr.com/

ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。