ご予約・お問い合わせは TEL.044-455-4848

ようこそ、モモ動物クリニックのホームページへ。
モモ動物クリニックは
皆さんから信頼され、いつでも気軽にご相談いただけるような、
そんなホームドクターを目指しています。


当院は公益財団法人どうぶつ基金のTNR協力病院です。


お知らせ information

  • ワンちゃんのフィラリア症予防薬の投与について
    蚊を見かけるようになりましたが、蚊が出たらといって直ぐにフィラリア症予防薬を飲ませる必要はありません。
    フィラリアは蚊が吸血するときに皮膚に移ってきて入り込み、成長しながら皮下組織、筋肉の中を移動し、最終的に血管の中に入って成虫になります。
    体の中に入ってから30〜40日の成長段階時に、駆虫薬を投与すると駆除することが出来ます。
    血管の中に移動する前に定期的に投与して駆除することで、虫の寄生を防ぎます。
    例年、神奈川東部ではゴールデンウィーク明け頃から蚊の吸血活動が始まり、11月中旬まで続くと言われています。
    その期間を1ヶ月ずらして、6月から12月まで投薬して、フィラリア症を防ぎましょう!

    冬の間は投薬を休みますが、万が一、虫を落としきっていなかった場合、この間に成虫にまで成長してしまいます。
    成虫がいる時の駆除方法は予防方法と異なりますので、検査をして、成虫がいないことを確認してから予防薬の投与を始めましょう!
     
    検査は血液をとって行います。
    モモ動物クリニックでは、痛い採血を頑張った子には、ご褒美にココビッツをあげています。
    大人気のココビッツ
    一袋通常700円(税込)ですが、5月中は600円(税込)にして、頑張る子を応援します。
    いつも購入いただいている方も、この機会に是非お求めください。
    なお、アレルギーなどで他のものを食べられない子には、ご褒美用にオヤツを持参して、採血を頑張ったら、あげてください。

  • ねこちゃんのフィラリア症予防について
    ねこちゃんがフィラリア症は、感染すると突然死を招くこともある恐ろしい病気です。
    フィラリアはワンちゃんと同じく蚊が媒介しますので、ワンちゃんと同様に予防することをお勧めします。

    ねこちゃんの場合、モモ動物クリニックでは投薬前の血液検査をお勧めしていません
    検査をしても検出されないこともあり、また感染犬でのアナフィラキシー(急性アレルギー反応)のような症状を起こしにくいからです。
    口からの薬をなかなか食べてくれない子が多いので、ねこちゃんには背中につける薬で予防します。
    詳しくは、来院時にお聞きください。


    啓蒙ポスター
    (クリックで拡大画面に飛びます)
  • トピックスに「マダニの生態と対処方法」を掲載しました

  • LINEによるクリニック情報発信について
    診療情報の配信をしていたメールマガジンに代わり
    LINEを使って休診日・診察時間変更の情報配信を行います。
    この診療情報とともに、院長の相澤から時折メッセージを送らせて頂きます。
    なお、通知が多いと感じられた方は、LINEのモモ画面内のトーク設定より「通知」
    をOFFにして下さい。
    LINEの「友だち」設定は次のURLから行えます。
     クリック⇒ https://line.me/R/ti/p/%40cje3064f


     
   

ビルダークリニック

当院のFacebookサイト
 ラルコンシャ
 みぃの会
 
 Peace & Hope
 どうぶつ基金


Update 2017/05/08